スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

2月2日「とびしま」

もうすぐ広島瀬戸内ともお別れ。

この日は広島県呉市から「とびしまツーリング」へ行った。
100202とびしまポスター


まずは「とびしま海道」入口である呉市の「安芸難大橋」
100202安芸難大橋看板

この橋は今回唯一の有料橋。
普通車は700円、原付は50円。
100202安芸難大橋料金所


橋を渡るとキレイに整備されている憩いの場がある。
100202安芸難の公園


今居るのは「下蒲刈島」
このあとは、こんな感じ。
100202案内板


「大崎下島」までは橋で走って行ける。
その後は船で「大崎上島」へ渡って出来上がったハウスをもう一度見てから
竹原へ帰ろうと思う。

島には良い景色がたくさんある。
100202砂浜

柑橘系の無人販売はあちこちに。
100202無人


木、全体へのネットは「防鳥」らしい。
100202防ちょう


10020255選
100202海猿
100202県民の浜


県民の浜へ行くのに、ちょっと道をそれた。
その道で気になる「無人販売」があった。
往路の時にオバチャンが一人何か作業していた。
復路の時も作業していた。
「陳列かな?」
気になって止まってみた。

止まった途端、オバチャン(70代かな?)が・・・
「ほれ、これ」とポンカンを差し出した。
「え?」と思いながらヘルメットを脱いで
「もらっていいんですか?」と聞くと
「たぶんポンカンだけど、何だかわかんなくなった」と笑っている。

100202オバチャン


すぐに皮を剥いて食べる。
美味しい。
すぐにオバチャンと話が始まる。
始まってすぐ「これも食べてみな」と「はるみ」をくれる。

「和歌山でミカン収穫やってたんですよ」と話すと・・・
そこからミカン農家の話、オバチャンの周囲の話(農家としての)
そして息子さんご夫婦に話。
息子さんは役場を途中退職されて第3セクターの立ち上げをしたらしい。
オバチャンは心配で東京の役人関係の親戚に、その会社の調査を頼んだほど心配だったらしい。

「農家の息子が経営なんて・・・今でも心配なんだ」と言っておられた。
30分以上話し込んじゃって、もらってばかり悪いので
柑橘系や野菜と一緒に売っていた「ハブ草茶」を買って帰ろうとしたら・・・

「待ちなさい」とオバチャン。
「これも持って行きな」とミカン類を何個もくれた。

まったく、これじゃ儲からないだろうに。
ただでさえ、他の無人販売より明らかに安いのに。

楽しそうに話してくれたオバチャン、ありがとう。
オバチャンは、しきりに何度も「若いのに変わってるねぇ」と笑っていた。
その度に「若くないんです」と笑って返した。



楽しさを引きずりながら橋を渡って行く。
大崎下島まで行き、フェリーまでの時間、公園へ。
100202歴史公園
100202公園景色


風情のある道を港へ。
港にはこんなものが。100202ライオンズ

いろいろな所で出会える「ライオンズクラブ」
懐かしい。皆さんお元気だろうか。

そう、さっきの下蒲刈島でもこんなん見た。
100202移動図書館
「移動図書館」
見え難いけど車体の右下の方に
「贈 呉グリーンライオンズクラブ」らしきペイントがある。

大崎下島「大長港」からフェリーで大崎上島へ。
100202大長港
「これフェリー?」と言ってしまいそうな船だった(^^;

上島では終了したハウスを見に行った。
もう次の作業が始まっていた。
100202ハウス

上島から竹原へ。
一ヶ月近く乗って通ったフェリー。
平日の夕方前で乗客は自分以外に1名だった。
100202竹原フェリー
スポンサーサイト
Home |  Category:未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

移住村長

Author:移住村長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。